焼酎買取サービスのしくみについてお伝えします

お酒には大衆向けに安価に販売されているものと、素材などにこだわり数量限定で販売される高価な高級酒があります。このうち高級酒は、非常に高価で1本あたり数万円といったものもあるなど、価値の高いものです。このため価値が高いため未開封であれば、そのお酒を売却することが可能です。お酒の買取は普通の酒屋では行っておらず、主に買取専門店が行っていますが、買取の対象となるのは長期間、保存するほど良いとされる焼酎などの蒸留酒が中心になります。買取そのものは、単純でお店に持ち込み査定をしてもらってその査定額に満足すればその場で現金決済されるのが一般的です。また店舗の近隣であれば出張による査定および買取も行ってくれますし、また宅配便を使った買取サービスを行っているところもあります。

高く買い取ってくれる焼酎の銘柄は

焼酎は人気のあるお酒ですが、人気のある種類としては芋焼酎、麦焼酎、米焼酎です。さらにこの3つ以外の原料を用いたもものとしてはソバ、黒糖、紫蘇、クリなどがありますし、泡盛なども焼酎の一種です。
人気のある銘柄としてもっとも知られているのが森伊蔵酒造が作るものです。主に芋焼酎ですが、比較的流通しており、よく知られる銘柄ですので、買取価格も安定しています。一方で麦や米は芋で作られたものよりも癖がないものとして知られ、中でも村尾酒造が作っている麦焼酎「むんのら」は高価格で取引されるものとして知られます。買取価格は販売価格と付加価値によって変わってきますが、価格帯としては数千円程度から1、2万円程度ですが、プレミアムの付いたものでは5万円を超えてくるケースもあります。

買取してくれるお店選びのポイント

お酒を買取してくれるお店の選び方はさまざまです。店舗での買取であれば、店頭で査定をしてくれるので、わかりやすく、また簡単に行うことができますが、お店が近くにない場合には、出張や宅配買取ができるお店が便利です。ただ、出張や宅配の場合には店舗での買取以上に注意しなければならないことも多く、思った値段で売却できないケースもあります。特に多いトラブルが事前の査定額に対して、実際の買取価格が低いといった場合です。お酒の場合には、他の出張や宅配買取と比べると、極端に下がることはありませんが、多くの場合には査定額よりも低くなるのが一般的です。また思わぬ手数料を取られるケースもあるため、実際に必要な費用などを予め確認しておくこともトラブルを避ける上でのポイントになります。

九州地方の焼酎は高ブランドとして位置づけられております。 海外の販売ルートを確保しているから、焼酎をどこよりも高く買取。 焼酎ブームが海外で高まっており、買取市場でも人気となっております。 飲めない焼酎は無理に飲まないで下さい。 世界的に認知されてきており、ここ数年買取価格が上昇中。 芋焼酎は赤霧島、村尾、魔王などの買取をおこなっております。 焼酎の買取をお探しならストックラボ