MRとはどんな仕事をする人なのか

MRとはMedical Representativeの頭文字を取って職種名としたもので、日本語で言うと医薬情報担当者の事を指します。仕事内容は自社の薬に関する情報などを各病院の医師や、処方箋を取り扱う薬剤師などへと提供する事です。ただし薬を売る事が直接の目的ではなく、その薬の持つ有効性や安全性更には品質などの情報を医療従事者へと提供していくことで、患者さんへの処方薬として自社の薬を最適な物として選んでもらえるようにする事が目的です。そうして自社の薬の良さを理解してもらった上で、結果として売り上げへも繋げていくのがMRの仕事となります。その為MRは、自社で扱う薬の内容についてはもちろんの事、他社の薬など医薬情報には全般的に詳しくなければならず、薬の知識や医療の知識に明るくなければ現場では実務ができないと言っても過言ではありません。

MRは理系と思われがちだが文系の人が多い

薬の知識や医療の知識が必要となる為、薬学部もしくは理系の大学などを出ていないとできない仕事であると思われがちですが、実際のところMRの約半数ほどは文系の出身者であると言われています。薬学部出身者や理系の出身者よりも、相当量の知識を身に付ける必要はありますが、MRの門戸は広く開かれているので文系の方も諦めずにチャレンジする事ができます。また、MRの扱う薬というのは医療用医薬品と呼ばれるもので、医師の処方箋元に薬剤師が処方した薬に限ります。薬というと、ドラッグストアやコンビニなどで購入できるものも薬の分類とはなりますが、そちらは一般用医薬品と呼ばれ、全くの別物でありMRはこれを取り扱うことはありません。テレビなどで宣伝されているのは全て一般用医薬品に部類される薬ですので、ご注意ください。

MRとしてやっていくには先ず認定試験に合格すること

MRにはMR認定試験というものがあります。毎年12月に東京と大阪で開催されるこの試験を受け合格する事で、医薬品や病気やその治療に関してMRとしての知識がある事を証明できます。この資格がなくてもMRの仕事自体はできるのですが、やはり資格がないと業務上で不利となる場面も多くなってしまうため、MRへと転職した人は先ずこの試験に受かる事を第一の目標とします。毎年合格率は80%と高いのですが、転職後なので仕事をしながら勉強漬けの日々を送るのは大変なことでしょう。しかし薬の情報を届け、それによって人の命を救う事ができるMRの仕事はそれだけのやりがいがある仕事と言えます。確かに文理を問わないとは言え、医療や薬について詳しくなることを苦と思わない人でなければ転職できたとしても、その後に苦労しそうではありますが、人を助けたいという信念があればやり遂げる事ができるでしょう。

MRは情報提供が本来の仕事です。 未経験からMRになるためのノウハウを提供いたします! MR BiZ転職ネゴシエーションの特徴の1つは業界屈指の情報量とトップクラスの求人数をご提供できるところです。 MR向けの履歴書の書き方も掲載しております。 自己管理能力と目標達成に対する意識、人として好かれるキャラクターを持ち合わせる人はMRに向いています。 MRへの転職をお考えなら「MR BiZ」をチェック!